■誰でも楽器に触れずに音が出せる!? 「テルミン」

「ここに楽器があります。 これには触れずにこれを使って音楽を奏でてください。」

と言われたら、ショック「ムリ!」と思わず言ってしまいそうになる。

弦楽器、打楽器、鍵盤楽器など…楽器はそれぞれ”触れる事で音が出る”という先入観がそうさせてしまう。

でも空中に手をかざすだけで音が出るという楽器がありました。

それが「テルミン」です。

今からカレンダー約88年も前、カルピスやコカコーラが発売、高島屋や松屋が開業、1945年の終戦の約26年前の1919年に旧ソ連の発明家レフ・セルゲーエヴィッチ・テルミンが発明した世界初の電子楽器だとか。
シンセサイザーのルーツとされています。

この発明家テルミンのお話は映画になっています。
映画テルミンの公式サイトでは、WEB上でテルミンを体験できる「バーチャル・テルミン」がありますので、お時間があればお立ち寄りください。

このWEB上の音を聞いて、僕は昔のテレビジョン白黒テレビの時代に放映されていた特撮映画やアニメを思い出しました。
(リアルタイムで観ていた訳ではありませんが。)

CDUFOやニョロ幽霊などの浮遊物が飛んでいそうな…そんなイメージです。
(実際に使われていたものも多いとか。)

でも「music sample」のスイッチをONにしてみると、
テルミンの音がまるでオペラ歌手(?)の歌声のようにも聞えました。
不思議です…。
というか、いい加減な耳なだけなのかもしれません。汗

いずれしてもどこかレトロな感じの趣がありますねぇ。

この楽器テルミンの機能をロシアの民芸品「マトリョーシカ」に収めた、「マトリョミン」という商品もあるそうです。


URL アスミック・エース 映画テルミン 「バーチャル・テルミン」
URL ウィキペディア 「テルミン」
URL マンダリンエレクトロン 「マトリョミン」
コメント