■人気連載漫画ネット流出 発売前にも!?

テレビ某報道番組で知ったのですが、
どうやら読書人気連載漫画がパソコンネット上で流出してしまっているようです。
それも中にはカレンダー発売日前日に出回っているものもあるとの事。

読書漫画雑誌や読書漫画単行本が売れないと言われる背景にはこんなパソコンネットの違法流出も含まれるという事になるのでしょうか。
とても残念です…。

きっと犯人は「読書漫画が好きではない」んでしょうね。

例えば喫煙のマナーを守れない喫煙者を僕は「フガータバコを好きではない」と思うんです。
喫煙者が最近の禁煙運動のせいで「肩身が狭くなった」と言いますが、マナーが悪いからルールを作らざるを得なくなる。
ですから怒りの矛先はマナーの守れない喫煙者へ向かうべきだと思うんです。

豚「タバコの今後なんてどーでもいい、吸いたいから吸う。プシュー

そんな喫煙者が禁煙の時代を作ったのだと僕は思います。

犯人に対しても同じ事が言えます。

唖然読書漫画の今後なんてどーでもいい」

と思っているに等しいのではないでしょうか。

漫画業界、漫画家、漫画作品そのものはもとより、他人がどうこうよりも何よりも「自分」が大切に思えてなりません。
そんな犯罪者に漫画を生き甲斐とする「漫画オタク」を自称してほしくないですね。

報道にもありましたが「神」などと呼ばれる事でやりがいを感じているならば酷い勘違いです。
出版社が合法的に配信しようと思えばできる事なんですから、やらないだけで、誰でもできる事だと思います。

テレビ報道によると、どうやら流出させた犯人は発売前の雑誌を手に入れられる環境、出版業界内の人間である疑いが濃いようです。
もしそうであれば自分がお世話になっている業界を売る「裏切り者」でもある訳です。

唖然「犯行に対する利用者の反響はうれしい。」
唖然「犯行の影響なんてどうせほとんどない。」

犯人はそんな矛盾した都合のいい言い訳をして自分を正当化しているように思います。

楽しい「大好きな読書漫画だから、大切にじっくり読みたい。」

そんな気持ち、ありませんか?

寝転がって一番楽な体勢でリラックスして漫画を広げて…集中。

あの気持ち、すっごく大切だと思うんです。


URL 関連記事
コメント