AIが自動的に塗ってくれる「PaintsChainer」やってみた

うまいかどうかはさておき、絵を描くのは、大好きです。 鉛筆2

 

鉛筆などで線を書いて、ぼんやりと頭の中のものを具現化していく段階はまだ”何”を描くかが考えながらであることがほとんど。

 

あーだ、こーだ、そーだ! なんだ…へんだ… とんだ! ぱんだ、やった!んー?もうちょっと・・・

 

そんな過程を経てある程度鉛筆画を取り込んで線画を描き終えると、色を塗る段階に。

ここまでくると何となくイメージが見えてきて、できればある程度のところまで、誰かやってーと思う事もあります。

 

楽しい「何か出してドラえもん!」

とでもお願いしたくなるところですが、現実はそうはいかない…と思っていたら、え?あるじゃないですか!びっくり

 

という訳で前説が長くなりましたが、

AIが自動的に塗ってくれるサービス「PaintsChainer」のご紹介です。

AIってすごい!はやい!結果がおもしろい!そんなサービスです。 もちろん、スマホからもできますよ。

 

まずは、適当な線画を用意。 今回用意したのは、こちら。(なぜスライム…?自分でもわかりません。)

 

 

早速、「線画選択」から取り込んでみますよ!

 

PaintsChainerメニュー

 

スマホからなら、線画をカメラで撮影して取り込みなども可能。

でも、サイズが大きすぎたためか、読み込めず小さくリサイズ…。(画面はphotoshop)

 

 

そして、取り込むと同時にいきなり着色されます! おおー・・・!

 

 

右上、左下は、スライムベスっぽいかな。 右下、経験値稼げそうだ…。

 

着色の種類(?)をデフォルトの「さつき」から明るそうな「たんぽぽ」へ変更。

変更したら、再度「着色」ボタンを押します。

 

PaintsChainerテスト

 

お、ちょっと濃淡(コントラスト)が軽くなってライトな印象になったかな?

は!でも、左上は悪魔に憑りつかれていそうだ…。

 

次に、ちょっと色を指定してAIくんを助けてあげましょー。(やってもらっといて上から目線)

左上にあるツールを使って、左側の原画の背景の適当なところに、思う色をちょっと置くだけで…。
※ツールの説明は後述

 

PaintsChainerテスト

 

おお!背景塗られましたよ! 黄色と緑の2色置いてみましたが、なんかマイルドに馴染んでいますよー。 (もちろん、様々なペイントツールでも一回で塗れますが、黄色を置けば黄色、緑を置けば緑となるのが普通です。)この曖昧な感じが、いいですねー。 AIってなんかファジー。(久しぶりに使った、この言葉。)

 

※このとき、「□サーバルちゃん」にチェックを入れておくと時差(タイムラグ)はあるものの、リアルタイムに左側の指定が右側の着色結果に反映されます。

 

次は、キャラクターの中を塗ってみました。背景には、ど真ん中に白をざっくり指定。

 

PaintsChainerテスト

 

うん、少しはみ出していますが、まぁ及第点かな。(偉そう)

は!でも、左上は水に溶けてしまっている…。

やはり、ある程度線は閉じておかないと、人でも識別は難しいよね。

 

それじゃ、これをダウンロードしよっかな。 …ん?ダウンロードボタン無い?

どうも無さそうなので着色された右側の画像を右クリックして、「名前を付けて画像を保存」(Windowsの場合)から保存しました。

 

今回はここまで。

その他にも、「お絵描き自動着色」ツールや「ペン入れ」ツールがありますので、またの機会に実験してみます。

 

まだ発展途上の技術かと思いますが、おそらくディープラーニングでみんなが使えば使うほど学んで賢くなっていくかと思います。人格?も増えていくでしょう。 AIを実感できる便利でおもしろいツールですね、今後の発展に注目です! 楽しい

 

<その他補足説明>

  • ツールは、左から順に以下のようになります。
  1. 1つ前に戻る
  2. やっぱり1つ先に戻す
  3. 色指定のクリア(自動着色のみへ)
  4. ペンで色を描きこむ(AIへ指示する)
  5. やっぱり指定した色を消す(細いのでペンで書いたものを完全に消すのはちょっと大変)
  • ペンで描く色を選択 GIF画像には非対応です。透過のPNGにも非対応。(透過でなければOK)
  • 「たんぽぽ」「さつき」は、絵描きによって絵が異なるようにこのAIの個性?人格?のようなもののようです。「たんぽぽ」が先代の長女、「さつき」が次女という感じでしょうか。三女が産まれるのはいつかな?(余談ですが、逆に絵からAIの性格を読み取れたら面白いですね。心理学者の方にやってみてもらいたいなぁ。)
  • 「お絵描きツール」はPC版のみなのかな?Androidでは確認できませんでした。iOSは未確認。
  • 線画を取り込んだ後にも、下部に「線画選択」が表示されていますが、同じ機能です。複数の画像を取り込める訳ではなく、押すと現在作業中のものが上書きされてしまいますのでご注意ください。
  • 画像サイズは取り込み後、幅(Width)512px、解像度72dpiへ自動的にリサイズされるようです。その際に縦(Hight)も調整されます。

 

※上記内容については2017.10.24時点で確認したものになります。

パラパラ漫画のアニメーションGIFを作ってみました

寒くなって来ましたねー、パラパラ漫画家(?)のあきらみきとです。楽しい

 

学生時代には教科書にパラパラ漫画描いていて、よく先生に怒られていました…。

教科書の角で殴られたあの痛みが懐かしい。(あ、古傷が…いたたた…。)

 

パラパラ漫画と言えば、鉄拳さんのものが記憶に新しいですよね。

内容はもちろんですが、あのとっても温かみのある手作り感にとても感動させられます。悲しい

 

そんな思わず見てしまうパラパラ漫画がお仕事(制作会社)があるってご存知でしょうか。

活用シーン(ニーズ)は様々でして・・・

 

・CM

・PR動画

・企業沿革

・結構式VTR

などなど

 

どれも面白そう!可能性を感じます。

 

やっぱり日本の文化、MANGAはすばらしいなぁ!いいなぁ!楽しい

 

というわけで僕も短いサンプル作品を描いてみました。

描いてると自分のキャラクターが生き生きとしてきてワクワクします。ときめき

 

パラパラ漫画作品待ち合わせ

映画「サマーウォーズ」イラストアップしました。

サマーウォーズラフ

先日、映画「サマーウォーズ」を観てきました。

すごく面白かったです!!!楽しい

上映中、思わず泣いてしまいました…。悲しい

映画を見に行った動機としては、細田監督の前作「時をかける少女」が良かったのと、
CMで流れていた山下達郎さんの曲に引き込まれたことでした。

「コミュニケーション」というテーマを核として、
主に「家族」を描いている映画だと感じました。

「最近実家に帰ってないなぁ…、みんなどうしてるかなぁ…」

なんて郷愁にかられている方に是非オススメです!
また、家族で観にいくのにもいい映画ですよ。

上の画像はラフイラストですので、
よろしければ正式なイラストは本家サイトでご鑑賞ください。

あけおめイラストアップしました。



あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

上の画像はラフイラストですので、
よろしければ正式なイラストは本家サイトでご鑑賞ください。
(大分変わりましたが。)

今年も皆様にとってよい年でありますように!

■HP更新通知 イラスト1点アップしました。

いつまでも鏡もち「謹賀新年」と言ってられなくなりました。
もうカレンダー1月が終りそうです!

びっくりどうなってるんだ日本!(back関係ない)

という訳でイラスト1点アップしました。

今回のイラストはNEW!「優柔不断な彼女」という感じです。

彼女とはこれから旅行に行くところ。
ちょっとお腹が減ったので入ったドーナツ屋さん。

でもゆる〜い彼女は優柔不断。
何を選ぶのも時間がかかる、かかる…。

彼が「これにしなよ。」と薦めても
何事にも譲れない想いがある彼女。

自分でも決められず、他人に頼る事もできず、
新幹線の時間が迫る!
焦る彼!
まだ選んでいる彼女!
ワーーーーーー!


お時間がある方、ご覧くださーい。たらーっ

■Googleマイマップで「一般漫画雑誌 出版社地図」を作りました

Googleの地図サービス「マイマップ」で読書一般漫画雑誌(※)を発行する出版社の地図を作成しました。
※作者の判断により成人向け、カルト系などの漫画誌を除いたもの

ブログ内には大きくて貼り付けられないため本家サイトの「リンク」ページに貼ってあります。

URL 本家サイト「晃幹人のあんずの樹」リンクページ

ノーノー「現在発行されているの漫画雑誌およびその出版社について知りたい。」

そんな事を考えて漫画雑誌や出版社について調べてみると、
一覧の文字情報は多々あるものの、地図を掲載しているサイトが見つからない。
住所はわかるものの、土地感がない僕には文字ではピンと来ない…。

そこで作ってみました。工具

漫画雑誌や出版社について”わかる”訳ではありませんが、
”場所を地図で知る”という事も大切ではないでしょうか。

基本的にはリンク集ですので、各雑誌のページへのリンクが各出版社毎にまとまっています。

是非この地図を漫画作品の持ち込みなどの際にお役立いただければ幸いです。楽しい

※持ち込みは基本的に当日は受け付けられない編集部がほとんどだと思います。
礼儀としても数日前に予約の連絡をし、アポイントを取った上で伺ってください。

※誤った情報、掲載に問題のある場合などお気づきの点がありましたら
お手数ですがご一報頂けると助かります。
できるだけ早く訂正および削除させて頂きます。

※実際に出版社へアクセスする際には所在地や連絡先など十分にご確認ください。


(データは2007.09.14現在のものです)

おや? 参考:ウィキペディア日本語版「漫画雑誌」

■HP更新 イラスト1点追加 「浴衣」

ものすごく久しぶりに船イラスト1点アップしました。

いつも本家HPの更新が少なく本当にごめんなさい。ショック

今回のイラストは「浴衣の二人」です。

浴衣といってもまるで落ち着きのない雰囲気ですけど。

なぜ秋の今時期に浴衣なのか!?

夏に描いたラフが、
できあがったら、
秋だった…汗

びっくりどんだけー!

お時間がある方、以下の本家HPバナーよりご覧くださーい。m(__)m

■ComicStudio4.0 9月28日発売!

パソコンComicStudio4.0(Windows版)がカレンダー9月28日に発売されるようです。
パッケージのラインナップは基本的にこれまどと同じく、

「Debut」「Pro」「EX」
※後述なものほど機能が充実しています。

今回のひらめき改善機能で気になるのは、

「メッシュ変形」「周辺ゆがみ」「遠近法」
トーンの模様を自由な形にゆがませることができるとか。
”網タイツ”なんて表現に重宝しそうですね。

「連続スキャン機能」
スキャン作業は技術うんぬん無く、どうしてもある程度時間のかかる作業。
これがより効率的に行えるようです。

「集中線フィルタ」
これまでは間隔を最大にしてもまだ均等で迫力のなかった集中線でしたが、この点が改善されているのか期待したいです。

またひらめき新機能としては、

「筆ペンツール」
これまでは実際に筆ペンで描いてスキャンしなければならなかったと思います。
筆というとても味のあるアナログな表現なので、それでも仕方がないと思っていましたが、この筆ペンツールであのかすれた線をどのくらい再現できるのでしょうか。

「パス作成ツール」
photoshopやillustratorのようなパスを描けるとか。
より綺麗な背景や商品ロゴマークのようなものが描けそうです。

「球面、魚眼レンズフィルタ」
こんな機能があると表現の幅が広がりますね。
占い師の水晶に映る映像や、
ドアの前に来た怪しいセールスマンを内側のドア越しに見るなんてシーンに使えそうです。

その他にもたくさんの機能改善、新機能があるようです。

そしてひらめき全体的にですが、

よりカラー原稿にも対応してきたし、処理が重くなったんじゃないかなぁ…。
なんて危惧してしまいますが、WindowsXPにおける動作環境においてはメモリなどほぼ同じようです。

3.0EX 動作環境
4.0EX 動作環境

でも僕個人にとって重要なのは「OS」!

WindowsXP〜Vista

冷や汗「うわ! 動作しないじゃん!」

未だWindows2000のポンコツを愛用する僕にはソフトを買っても使えない現実が…。悲しい

現在(9月30日まで)無償バージョンアップキャンペーン期間中で、3.0を買うと対応する4.0への無償バージョンアップ版が手に入るようですよ。
(例:3.0EXを買うと4.0EXへのバージョンアップ版)

URL CELSYS ComicStudio4.0
URL 「Debut」「Pro」「EX」機能比較

■表彰式に行って来ました

先日ビル某ホテルで読書第3回ワールドMANGAエンタテインメントカップの王冠表彰式がありました。

こんな立派な賞(佳作)を頂いた上、さらに表彰式までして頂きすごく嬉しかったです。

式には?コアミックス代表取締役、コミックバンチ編集部の方々に加え、3人の大先生方もご出席されました。びっくり

原哲夫先生、北条司先生、次原隆二先生です!

僕はこれまで顔を写真などで少ししか見た事はありませんでしたが、その存在感はすごいものがありました。かっこいいし…。

なんて言うのか…”漫画界の巨大台風の目”を見たようですね。
僕はいろいろな台風に吹き飛ばされてる1枚の屋根瓦のようなもんです。
ピューって思考回路も飛んでます。汗

式自体ですごい緊張の上、大先生方の前では、顔はヘラヘラ、内心ガチガチでした…。冷や汗

式では7人の受賞者にコメントが刻まれた立派な盾と目録が渡されました。
(それにしても僕以外の受賞者はイケメン揃いでビックリ!)
あ、もちろん僕も盾と目録を頂きましたよ。僕は舞台で次原先生から手渡して頂きました。

同じテーブルだった次原先生とはその後もいろいろお話する事ができました。
コミックバンチ編集長様も同席だったのでとてもタメになるお話ばかり。

調子に乗った僕は次原先生へわけのわからない質問をしたにも関わらず、熱心にアドバイスを頂き、帰り際には「がんばれよ。」と肩を叩かれました。次原先生ありがとうございます!楽しい

北条先生や原先生とはテーブルが別になり、あまり話す事はできませんでしたが、次原先生も含めサインはちゃっかり3つ頂いちゃいました。ときめき感謝しております。

サインは今、盾と一緒に家に飾ってあります。

そして拝んでいます。拍手

ありがたや、ありがたや…。(いったい何を拝んでるんだ?)

………

…カリカリカリ…ペン

今日も大先生方は漫画を一生懸命描いているんですよね…。

うし! 僕も頑張るぞっと。グー

 

■第3回ワールドMANGAエンタテインメントカップ

今日12日発売の読書「コミックバンチ 第24号」にて
今年3月末まで募集を行っていた

王冠『第3回ワールドMANGAエンタテインメントカップ』

の結果が発表されました。

グランプリ作品はありませんでしたが、
王冠入選2本 王冠佳作5本 が選ばれました。

ちなみに僕の作品もついでに選ばれたとです…。大変恐縮です…。

その時のエピソードを少し…

先日コアミックスの担当様から電話があり

男担当様「佳作に入りました。」

と言われました。

内心メチャクチャ嬉しくて飛び上がりそうになったのですが、
そこはまぁ大人として(?)1割程度まで嬉しさを抑えて…

びっくり「本当ですか!!!」

と喜んでました。

男担当様「ところで先週何度か電話したのですが、どうされたんですか?」

冷や汗「え?」

あ、そういえば自宅の電話の調子が悪くて、
1コールもせずに留守電になるって友達から言われてた…。

担当様、お手数をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。

電話買わなきゃ…。
FAX付きの電話買おう…。

今日実際にコンビニで雑誌を手に取り、受賞者のページを見ていると、なんともズッシリとした重みがありました。

なんと作品の講評には北条大先生様からのメッセージがあります! 感激です!

これからはせっかくの期待(?)を裏切らないように、デビューに向けて邁進していきたいと思います。GO!

皆様、気が向いた時など、応援してくだれば大変嬉しいです。嬉しい

読書コミックバンチは毎週金曜日発売です。


URL コミックバンチ